アトピー治療には潤いが肝心|保湿成分で肌コンディションを改善

白い美肌のために

beauty

2種類の効果

美白化粧品には、シミやくすみを消して肌を白くすることができるものと、その白さを保つことができるものの、2種類があります。前者の美白化粧品には、ハイドロキノンやプラセンタが配合されていることが多いです。ハイドロキノンは、シミやくすみの原因となっているメラニン色素を分解する成分です。そしてプラセンタは、メラニン色素がこびりついている肌細胞の排出を促す成分なのです。一方後者の美白化粧品には、メラニン色素の生成を抑える成分が配合されています。具体的には、アルブチンやエラグ酸などですが、これらにはメラニン色素を作り出す酵素を阻害する性質があるのです。どちらの美白化粧品も、シミやくすみに悩む多くの人に使用されています。

両方を使用することが大事

上記の美白化粧品は、どちらか片方ではなく両方を使うことで、一層高い効果が期待できるようになります。なぜなら、ハイドロキノンやプラセンタで肌を白くしても、メラニン色素が新たに作り出されては、再びシミやくすみができてしまうことがあるからです。しかし、それらを消した後に、アルブチンやエラグ酸などでしっかりとメラニン色素の生成を抑えておけば、取り戻した白さが保たれやすくなります。仮にシミやくすみが再び生じたとしても、ケアをおこなっていた分軽度で済むので、再度ハイドロキノンやプラセンタを使うことで、比較的簡単に消すことができるのです。このように、白い美肌でい続けるためには、両方の美白化粧品による適切なケアを日頃からおこなっておくことが肝心なのです。

Copyright© 2016 アトピー治療には潤いが肝心|保湿成分で肌コンディションを改善 All Rights Reserved.